ノートとデスクトップ、あなたに最適なパソコンはどっち?

外で負荷のかからない作業をパソコンで行うならノート

ノートパソコンとデスクトップパソコンには、それぞれ同じOSをインストールして動かすことが可能です。そのため、利用できるソフトウェアも共通しているので、ノートパソコンだと動かない、あるいはデスクトップだと動作しないソフトというのは基本的にはありません。
ただ、両方で同じソフトウェアを利用できるとはいっても、ノートとデスクトップを比べると特性が大きく違うので、購入する場合は自分の利用目的に合った方を選ぶ必要があります。
たとえば、ノートパソコンの場合、省スペース、省電力で動かせる反面、重い処理をこなすのはデスクトップに比べると苦手という特性があるので、外で文章を書いたり、ネットを見るという使い方が中心の人に合っているといえるでしょう。

デスクトップは重い作業をこなしたい人に向いている

では、デスクトップパソコンはどうかというと、場所を取りますし、移動させるのは困難です。なので、外で利用するのは基本的に不可能といっていいでしょう。しかし、電源容量に余裕があるものが多く、スペックの高いパーツを搭載できるので、重い処理をこなすのには向いています。そのため、自宅でゲームをしたり、動画編集をする人向けといっていいでしょう。
ただ、だからといって、自宅でネットを見たり、メールを書いたりするだけの軽い使い方をする人にはデスクトップパソコンは不向きというわけではありません。持ち運ぶつもりがなく、デスクトップパソコンとモニターの置き場所が確保できるのであれば、利用してもまったく問題ありません。